RoboCup JapanOpen 2020 (Online)

2020年9月19日~22日、龍谷大学瀬田校舎において、ロボカップジャパンオープン2020 ロジスティクスリーグが開催されました。


robotino33.jpg 

参加チーム

  • 龍谷大学
  • 愛知県立岡崎工業高等学校
  • 奈良県立奈良朱雀高等学校
  • 三重県立四日市工業高等学校ものづくり創造専攻科競技

概要競技概要
大量生産に適した固定ラインから、多品種少量生産に対応する柔軟なライン体制を重視する工場が増えています。そのような工場では製品を作るために複数の素材を複数の加工機械に運ぶ機能が必要です。ロジスティクスリーグは、そんな環境にも適合できるように、ロボットが加工機器の間を動き回り、協調して効率の良い生産のプランニングとスケジューリングすることを目指す競技です。

robotinoyokkaichi.jpg 

yokkaichi.jpg 

世界大会の運営委員である植村 渉 講師(龍谷大学 先端理工学部 電子情報通信課程)の提案で、「RoboCup JapanOpen 2020 Logistics League(Online)」を開催しました。コロナパンデミックへの対策とリモート時代に先駆けて、各チームのロボット(Festo Robotino+Denso-Wave Cobotta)だけを会場に集めて、各チームはインターネット経由の遠隔操作でロボットを調整し、競技に参加する「無観客・無選手試合」を試みました。

各チームは、移動、回避、認識、把持、通信等の難易度の異なるタスクを選択して、制限時間内にロボットの動作の正確さを競います。各チームは遠隔で、会場にいるスタッフに、ロボットの初期姿勢や設定の指示をします。チームとスタッフのコミュニケーションも重要です。

groupphoto111.jpg 

優勝した龍谷大学、愛知県立岡崎工業高校のみなさんおめでとうございます。

groupphoto22.jpg

みなさんお疲れさまでした。

 

 

 

戻る

World Skills