RoboCup Asia-Pacific 2021 Aichi Japan

2021年11月25日から29日にかけて、愛知県国際展示場において、RoboCup Asia-Pacific 2021 Aichi Japan が開催されます。


RoboCup は、ロボット工学と人工知能が融合する自律型ロボットの研究及び教育の深化を目的とした、学生等によるロボットの競技大会である。
世界大会は、1997年に第1回目の大会が名古屋で開催されてから、これまで毎年、世界各地で開催され、2017年7月の名古屋世界大会では、42の国・地域より2,532人の参加者を集め、約13万人の来場者があった。
アジアパシフィック大会は、ロボカップの競技参加者の裾野を広げることを目的に、アジア太平洋地域を中心とする大会として2017年に初めて開催され、以後毎年開催されている。(RoboCup HP より)

Welcome to RoboCup Asia-Pacific 2021 Aichi Japan 

インダストリアル ロジスティクスリーグ

大量生産に適した固定ラインから、多品種少量生産に対応する柔軟なライン体制を重視する工場が増えています。そのような工場では製品を作るために複数の素材を複数の加工機械に運ぶ機能が必要です。ロジスティクスリーグは、そんな環境にも適合できるように、ロボットが加工機器の間を動き回り、協調して効率の良い生産のプランニングとスケジューリングすることが目指す競技です。


 robocup2017scene3.JPG

戻る

World Skills