インダストリー4.0の統合実習システム

 

プロジェクトワークステーション I4.0


デジタル化対応への準備
メカトロニクス、制御技術、自動化技術に関する実習資料に基づいて、実習プラットフォームパレット搬送システムを実践的なプロジェクトに応じて段階的に拡張し、実用性を備えたインダストリー4.0を形成できます。

モジュラー式プロジェクトワークステーション I4.0は、スマートファクトリ とインダストリー4.0 のレベルまで、トレーニングするための基盤を形成します。 教育的および機能的に、CP Lab および CP Factoryの実習環境はインダストリー4.0でも求められる用件に適合します。

Project Workstation scenario.png

段階的な実習

機器の追加は、実習生にさらなるトピックとプロジェクトを提供します。:

  • ステージ 1: 制御技術の基礎
  • ステージ 2: ステーション操作:ストッパー付パレット搬送システムをモジュール拡張
  • ステージ 3: 実習トピックの拡張:インテリジェントCPSゲート
  • ステージ 4: スマートファクトリーのイントロダクション

CP Lab


シームレス、モジュラー式、拡張性

CP Labでは、多くのプロジェクトワークステーション I4.0を使用して、現実的な産業用パレット循環システムを作成しています。

プロジェクトワークステーションI4.0から始まり、CP Lab、包括的なCP Factory に至るまで、モジュールとパレットはすべての段階で使用できます。 CP Lab は、モバイルロボット Robotino と デフレクタモジュールを介してCP Factory に接続できます。

CP Lab scenario

特徴

プロジェクトワークステーションI4.0のトピックに加えて:

  • 材料の流動
  • 全体的なプロセス
  • システムネットワーキング
  • 複雑なシステムにおける情報の流れ
  • プロセス計画
  • 組立と分解の計画
  • チームワーク
  • データ処理システム(製造実行システム– MES)

インダストリー4.0ラーニングソリューション

CP Factory training situation
CP Factory(Cyber-Physical Factory)

研究および学習プラットフォーム CP Factory は、高等教育機関および企業にインダストリー4.0の技術とアプリケーションへのアクセスを提供します。 このプラットフォームは、ローカルで制御されたインテリジェントネットワークでの将来の生産を示します。


 

TaC - QI4.0
トレーニングとコンサルティング

企業においてインダストリー4.0を確立するには、作業者のトレーニングと資格を、この新しい要件を満たす必要があります。 たとえば、サービス技術者は、設備の停止を迅速に修正できるように、高レベルな作業ができるように、実用的なメカトロニクスの経験だけでなく、ITインフラストラクチャの知識も必要となります。