インダストリー 4.0

Qualification I4.0 - Training Scenario

インダストリー 4.0: 第4次産業革命
インダストリー4.0は、製造業における根本的な変化を表しています。 現代の情報通信技術は、従来の産業プロセスと融合して、サイバーフィジカルシステムを形成します。 インターネットに牽引されて、現実世界と仮想世界はますます緊密になり、コスト削減のために大量生産品に依存する必要がなくなり、よりスマートな生産工場が生まれます。 スマートファクトリは、スマートソリューションによるアイテムの独自性と柔軟性を組み込み、大量生産ではなく、個別製品の製造を可能にします。

インダストリー 4.0 に必要になる資格

インダストリー4.0では、実行されるタスクが技術的および組織的観点からより要求が厳しくなっています。 学際的な能力の重要性が増しているため、さまざまな分野で学んだスキルと能力を適応させる必要があります。 異なる機能レベル間の境界がますます流動的になり、適応することの必要性はすべての技術者に影響します。

未来の生産

  • 生産工場全体がデジタルネットワーク化されます。:
    • プラグアンドプロデュース機能を備えたインテリジェントコンポーネント
    • 生産プラントには仮想エミュレーションがある–自動起動と再構成が可能になります
    • 製造ネットワークでの稼働率の迅速なバランス
    • 製造施設のシンプルで迅速な拡張または削減による受注量にかかる生産ラインの自動適応
      欠陥のある生産ユニットへの補償
  • 生産の制御はよりインテリジェントで適応性が高くなっています
  • 施設の自動起動と再構成
  • 顧客固有の生産
  • 人間と技術の協調

インダストリー 4.0 実習ソリューション

CP Factory training situation
サイバーフィジカルファクトリー

CP Factory の研究および実習プラットフォームは、高等教育機関および企業にインダストリー4.0の技術とアプリケーションへのアクセスを提供します。 このプラットフォームは、ローカルで制御されたインテリジェントネットワークで将来の生産を模擬しています。


 

Learning System training situation実習システム I4.0
シームレスな実習システム–プロジェクトワークステーションI4.0から始まり、CP Lab から包括的なCP Factory まで、モジュールとパレットは共用です。 CP Labは、モバイルロボット(AGV)Robotino とデフレクタモジュールを介してCP Factory に接続できます。

 

 


TaC - QI4.0
トレーニングとコンサルティング

企業においてインダストリー4.0を確立するには、作業者のトレーニングと資格を、この学際的なアプローチの新しい要件を満たすように適合する必要があります。 たとえば、技術者は、ラインの停止を迅速に復旧するために高レベルで作業できるように、実用的なメカトロニクスの経験だけでなく、ITインフラストラクチャの知識も必要となります。