つながりの学習



つながりの学習とは?

つながりの学習は、仮想現実と現実をシームレスに接続することにより、学習に新しい次元を生み出します。 対面、実地、自己管理的学習などの使い慣れた学習方法を組み合わせて、ソフトウェアとハードウェア間の相互作用を通じて理論と実践の境界をなくします。

つながりの学習は、モバイル、マルチメディア、インタラクティブなTec2Screenを使用して実行されます。

利点

  • 複雑に変化する産業環境で働くために、実習生個人を訓練します。
  • 実習と運用プロセスおよび最新技術の間で関連付けすることで、幅広いスキルと適性の開発が可能になり、実習生の専門的能力が向上します。
  • 実習生の弱点を具体的にサポートしながら、実習生の強みを積極的に伸ばすことができます。
  • 実習方法と内容は、実習生の学習パスと知識および実習生のニーズに合わせて推奨および割り当てることができます。
  • ソフトウェアとハードウェアの理論と実践は、Tec2Screenとシームレスに融合しています。