CP Factory – サイバーフィジカル・ファクトリー

CP Factory – サイバーフィジカル・ファクトリー

CP Factory は、デジタルな生産ラインを実現しています。このIndustry 4.0のモデルは、包括的、拡張性を備えたモジュラ構造で、バリューチェーンの多くの部分をモデル化できます。CP Factory は、メカトロニクスとオートメーションに関連するすべての技術を統合しています。

 

 

 

CPとは
仮想現実-実環境(Cyber-physical)システムは、人、製品と生産資源をネットワークで繋ぎます。通信ネットワークと実環境システムを単一の実体に統合します。これは、Industry 4.0の重要な特性であり、CP Factory で確認できます。
d0438_11c-ov.jpg
 
CP Factory Industry 4.0実習プラットフォーム
CP Factory は、ネットワーク化された生産におけるIndustry 4.0の新たな展開を反映します、実習と研究のためのモジュラ式スマートファクトリシステムを提供します。実習システムは、組立ラインだけでなく、このようなリーン生産、物流、品質保証等、生産のける様々な分野を実習できます。

モジュラ・システム
Festoは、数十年わたってモジュラ式実習システムの構築を経験しており、CP Factory にも多く反映されています。すべてのステーションとアプリケーションモジュールには最新の産業技術が備わっています。

成果
実習状況に応じて、すべてのCP Factory は、数分で構成を変更、連結可能です。

両サイドから実習可能
両サイドからアクセスできる構造は、様々なシナリオを複数人で実習することを可能にします:

  • 両サイドから2つのベルト(コンベア)をそれぞれ独立して動作することができます。
  • 2つのベルト(コンベア)は、コーナープーリーを使用すれば一つの循環ベルトシステムを形成します。、

スタンドアロンあるいはネットワーク
CP Factory の外観:

  • パレット搬送のための幅広いベルト(コンベア)
  • コンベア上のアプリケーションモジュール
  • 可変システムレイアウト、様々なワークステーションをデザインできます。


標準化されたこのステーションは、連結配置を変更することができます。実習室の形状や実習用途に応じて、個々のワークステーションの配置を変更し、迅速に様々な自動化生産ラインを構築できます。

実習コンテンツとアプリケーションモジュール
実習システムは、フレキシブルに連結可能なモジュラステーションを基本にしています。異なるアプリケーション・モジュールの装備が可能です。これらのモジュールは実習コンテンツを決定します。標準インタフェースにより、アプリケーション・モジュールを数分で換装することができます。異なる実習やコンテンツに迅速に変更可能です。例えば駆動技術、制御工学、画像処理、シーケンスや動作モードのプログラミングなどのトピックは、以下のモジュールで実習できます:

  • スタッキングマガジン、ターニングハンドリングモジュール
  • ドリル、 CNC プロセッシングモジュール
  • プレスモジュール
  • パッドプリント、ドライモジュール
  • カメラ検査試験モジュール

RFID プロセス制御
CP Factory において、製品をプロセス制御するには、ワークピースおよびコントローラにRFID技術を備えている必要があります。

生産管理システム
実習のために開発された生産管理システムMES4は、最も重要な生産データを管理します。MES4のサービス指向のアーキテクチャでは、必要に応じて、生産セルからの情報を取得することができます。