CP Factory – 概念

CP Factory – 概念

ホイール付きセル
すべてのCP Factoryセルにはホイールが装備されています。ツールやリフトを使用せずに、実習室で自由に配置できます。

RFID プロセス制御
CP Factory では製品はプロセス制御を担います。これを実現するために、ワークピースとコントローラにはRFID技術が装備されています。

最適な接続
セルは、特別なシステムケーブルによって供給されます。レイアウトを変更するときに、再配線、新しいチューブの配管、または追加のインストールの必要はありません。貴重な実習時間が節約され、実習室には追加のダクトやつまづきの危険がありません

モジュラー制御コンセプト
CP Factory セルのコントローラはモジュール設計になっています。すべての制御コンポーネントは制御キャビネットに収容されています。

  • PROFINETネットワーク を備えたコントローラ
  • PROFIsafeコンポーネント
  • 周波数変換器、接触器コントローラ、サーボモーターコントローラなどの駆動コンポーネント

生産ラインをマスター制御システムの有無にかかわらず動作できます。

特許取得済みのマテリアルフロー
パッシブワークピースホルダのルーティングは特許取得済みの開発品です。トランスファーファクトリーセルを個別に、または追加作業なしでネットワークを構築できます。

  • ワークホルダはセル内で循環できます。
  • サブシステムのコミッショニングは問題ありません。
  • ソフトウェアを変更せずにサブプロセスを分離できます。