MPS システム 403-1

MPS システム 403-1

新製品 

MPS 403-1 実習システムは、自動化技術とメカトロニクスの分野における基本的なスキルと専門知識の実習を目的として設計されています。小型化された生産ラインは、生産現場に使用される機器のインテリジェントネットワーキングとそのプロセスについても詳しく説明しています。 このシステムは、ワークの供給、組立、および分類の3つのステーションで構成されています。 これらのステーションはネットワーク化されており、RFID 読み/書きヘッドと IO-Link ベースのセンサを備えた自律システムを形成しています。

MPS 403-1 は、教育用MESシステムを中心とした Web ベースのソフトウェア環境を備えており、インダストリー4.0の最新技術について実習するための幅広いオプションを提供します。このソフトウェア環境には、統合されたオンラインストア、ミニ制御システムに基づく IoT 化、タッチパネルのプログラミング、機械学習アルゴリズムによる AI(人工知能)などのトレーニングコンテンツが含まれます。 AR(拡張現実)によるトレーニングプログラムと広範な実習資料を備えています。

d8130882_05uc_k.jpg


システムでの処理は、直感的に操作できるユーザインターフェイスを使用します。製造オーダーが入力されると動作を開始します。最初のステーションは、3つのマガジンからワークを切り出します、RFIDセンサを使用してRFIDタグにデータを書き込みます。 レーザ、超音波、静電容量などのセンサは、関連するアナログデータを提供します。次のジョインニングステーションはRFIDタグを読み取り、製造オーダーを参照して、ワークにキャップを取り付けるかどうかを決定します。 3番目のソーティングステーションでは、保存された情報に従って、ワークを2つのスライドに分配、あるいは下流側に追加されるステーションに搬送します。

システムの制御と監視は、大型のタッチパネルとキーボードを使用して実行されます。 ソフトウェア環境の中核は教育用MESシステムであり、さらにアプリケーションを追加することで拡張できます。 実習生は、役割と実習シナリオに応じて、さまざまな方法で生成された情報を受け取ります。 オンラインストアでは、実習生は静的製品と動的で構成可能な製品を入力できます。 カスタマイズされた製造オーダは自動的にMESに転送され、生産管理システムに転送されます。

 

MES は次のサービスを提供します。:

  • システム構成
  • 製品構成
  • オーダーの入力と管理
  • オーダー追跡
  • オーダーデータ格納
  • さまざまなユーザーグループのWebサービス

システムでは、すべての関連情報の構造化された表示を備えたタッチパネルのプログラミング方法を実習できます。システムからのライブデータを視覚的に表示するだけでなく、システムを制御および操作する方法も含まれます。すべてのワークにはRFIDタグが装備されており、デジタル製品メモリを提供します。これにより、個々のオーダーの生産において高度なカスタマイズが可能になります。

d8130882_14uc_k.jpg
 

実習プロセスは拡張現実(AR)によってサポートされます。ARはリアルタイムでシステムデータを実習生に提供します。 これは、トレーニングシステムの個々のコンポーネントのQRコードとともに、特定の実習ユニットごとに関連する技術情報をすばやく取得できます。実習ドキュメントのタスクは、拡張現実を使用して部分的にサポートおよびガイドされます。

実習生は、インテリジェントな IO-Link ベースのセンサについて学び、従来のセンサと比較した場合の長所を理解し、それらに対処、理解、およびサービスし、それらを生産システムに統合することができます。 IO-Link に加えて、Profinet と OPC-UA の基本も実習します。 これにより、実習生はオートメーション環境で最も重要なネットワークベースのプロトコルを実習できます。

マイクロコンピュータと Web カメラに基づく IoT システムは、既存の産業用システムを改造することにより、革新的なビジネスモデルに新しい視点を実習生に提供します。 人工知能と機械学習に基づく最新技術が使用されています。

d8130882_04uc_k.jpg

より良い実習結果を得るために、システムには、eラーニングおよびPDFドキュメントの形式の実習資料が含まれています。 これらの資料により、実習は柔軟に拡張可能です。広範囲で複雑なトピックを、実習生が理解しやすい小さな学習単位に分割することができます。

 

さらに、システムにはさまざまなアクセサリが含まれています。 デジタルシミュレーションボックスのほか、デジタルインタフェイス(easyport)とFluidSIMライセンスも利用できます。コンポーネントをさまざまな方法で制御できます。 PLC、シミュレーションボックス、またはシミュレーションソフトウェアを使用します。

システムは、すべての最新のMPSベースの実習システムのコアコンポーネントです。 追加のMPSシステムモジュールを統合することにより、より複雑なプロセスのシステムで大きなネットワークを作成できます。次に、3つの基本ステーションを使用してモデル化できないトレーニングコンテンツを実行できます。 さらに、トレーニングシステムは、さまざまなアドオンパッケージの基盤を提供します。 産業現場でのITセキュリティ、産業システムでのエネルギー管理、ACドライブと周波数コンバータ、機械の安全性、モバイルロボットなどの新しいトピックをシームレスに統合できます。人間工学に基づいた実習システムの設計により、効率的な実習が保証されます。

目的

  • ネットワークベースのプロトコル(OPC-UA、IO-Link、Profinet、TCP-IP、Node-RED)を介したMES基本のソフトウェア環境による複数のステーション、制御システム、およびI / Oユニットのネットワーキング
  • 産業用タッチパネルのプログラミングと、拡張現実やWebインターフェースなどの最新のヒューマン/マシンインターフェースの知識
  • RFID とネットワーク技術および IO-Link ベースのセンサの知識
  • ウェブカメラと人工知能と機械学習アルゴリズムを搭載したマイクロコンピュータによる産業用 IoT レトロフィットを使用した新しいビジネスモデルの学習
  • オンラインストアによる開発された製造オーダーを使用したカスタマイズ製品の製造

利点

  • メカトロニクスと自働化技術の基本に加えて、システムは最も重要なインダストリー4.0トピックへの迅速、シンプル、そして幅広いアクセスを提供します
  • システムの高度なモジュール性は、ステーション単体からソフトウェアで制御されたシステムのネットワークまで、モジュールで構成された明確で管理可能な実習基盤です
  • 包括的な実習ドキュメントにより、複雑なトピックを小さなステップと実習ユニットに分割され、構造化された柔軟な教育が可能になります
  • このシステムは、HMI、ネットワーク技術、RFID、スマートセンサ、サービスベースのソフトウェア構造などのトピックをわかりやすく実習に提供します
  • 実習プロセスは、QRコードなどの最新のメディアによってサポートされ、情報の提供や拡張現実に基づく実習システムとの対話が可能です。

技術データ

  • 運用圧力: 600 kPa (6 bar)
  • 電源: 24 V DC/4.5 A
  • 直方体/円柱のワークピース寸法: max. 40 mm
  • 寸法 (W x D x H): approx. 1400 x 700 x 1705 mm