電力技術:システムの説明

電力技術:システムの説明

精密産業分野に最適な資格
近年、再生可能な天然資源を使用したエネルギーの生産が非常に重要になっています。電力需要の世界的な増加により、多くの国の実際のグリッド(送電網)の維持が困難になるため、グリッドをよりスマートにするための革新的な技術が必要になっています。

一般的なプラットフォームに基づく多用途な機器セット

電力技術機器セットは、ターンキーコースウェア、実用的なソフトウェア、教育目的のために設計された頑丈なハードウェアの組み合わせで、モジュール式の構成となっています。 電力技術に関する実習生の知識とスキルが体系的かつ効率的に構築されます。

特別な機能

  • モジュール設計; 異なる機器セットの組み合わせは、特定の実習および予算要件を満たします
  • 個々のモジュールの安全な接地
  • 最適化されたデータ収集および実習用に設計された制御インタフェース(DACI)
  • 実習生に適した測定ツールを使用して、便利なデータ収集とデータの明確な表示
  • オシロスコープを使用した複数の信号の同時ロギング;最大4つの高電圧入力と最大4つの高電流入力
  • コンピュータベースの測定ツールを使用したリアルタイムモニタ(例: フェザーアナライザーを使用した電流と電圧の多様性)
  • LVDAC EMSソフトウェアを使用した測定の明確な表示と評価

ハイライト

  • モジュール構造は、機器セットの組み合わせにより、特定のトレーニングおよび予算のニーズを満たすことを可能にします
  • モジュール間の安全な接地方法
  • 実習目的のために特別に設計されたデータ収集および制御インターフェース
  • 実習生が使用する測定器で複数の高出力電気信号を表示する機能
  • 1つのオシロスコープが最大4つの高電圧および4つの大電流入力をモニタ
  • フェザーアナライザによる電気ベクトルのリアルタイムモニタリング
  • LVDAC-EMS ソフトウェアで電気値を簡単に測定・計算・表示

d8093321_01c_k.jpg

電気工学のトレーニングへの新しいアプローチ
電気機械実習システム(EMS)のモジュール構造により、実習内容と予算の要件に一致する実習環境をセットアップできます。

この柔軟性により、必要に応じて機器セットを段階的に拡張することができます。

デバイスは、実習での使用に耐えるように構築されています。全体として、これは多目的で高い費用対効果をもたらします。

新しいデバイスとワークブックを開発して、電力技術トレーニングパッケージを常に最新の実習プラットフォームに維持しています。

カバーされるトピック:

風力と太陽光発電

トレーニング内容
太陽光発電パネルの構成、発電における温度と陰影の影響、バッテリへのエネルギーの蓄電、太陽の向き、風力タービン、PWM および MPPT 充電器、スタンドアロンおよびグリッド接続インバータ、AC および DC 負荷への電力供給など

AC / DC電源回路および電源トランス

トレーニング内容
オームの法則、直列および並列回路、電気負荷(RLC)、インピーダンス、有効電力、無効電力、皮相電力、力率、ACおよびDC回路の解決、単相および三相トランス、効率、構成など