センサ技術実習機器 TP 1311

センサ技術実習機器 TP 1311

自動化技術の目的

物体検出用のセンサの主な目的は、TP1311実習機器セットでカバーされています。 トピックには、構成、機能、アプリケーションの範囲およびアプリケーションの要件に基づくセンサの選択が含まれます。

実習機器セットには、アナログおよびデジタル出力信号を備えたセンサが含まれていますが、主流はデジタル出力信号です。 これらのセンサは近接スイッチと呼ばれます。

実習機器セット構成:

  • 磁気式近接スイッチ
  • 誘導形近接スイッチ
  • 光電式近接スイッチ
  • 静電容量形近接スイッチ
  • 誘導形センサ(アナログ)

特徴
実地試験は、物体検出用のセンサの基礎を学ぶ上で大切な役割を担います。 例えば、さまざまなセンサの一般的な動作原理を体得できます。 適切なセンサの選択、接続方法、適切な設定および機能チェックには特別な注意が払われています。

TP 1311を使用することで、実習生は物体検出用のセンサに関する基本的な知識を習得できます。

実習トピック

  • センサの構成、機能、係数
  • 接続と回路技術の基本原理
  • センサのスイッチング特性に対するオブジェクトの形状、材料、表面、色の影響
  • 係数と機能的動作を説明する用語
  • 論理回路の構成
  • 特定のパラメータを考慮した適切なセンサの選択

 

実習テキスト

実習機器セットTP1311に適した産業界の例に基づく15のプロジェクトは、それぞれ課題の説明、パラメータおよびプロジェクトタスクを含み、オブジェクト検出用のセンサの選定を主に扱います。 主なトピックは、構成、機能および動作に対する材料特性の影響、可能なアプリケーションおよびアプリケーション条件に基づいてセンサを選択する方法です。 トピックは、磁気、誘導、光学および容量形近接センサを使用した演習でカバーされています。ワークブックにはサンプルソリューションがあります。

ワークブック

  • サンプルソリューション
  • トレーニングノート
  • 産業用アプリケーションのグラフィックと写真を収録したマルチメディアCD ROM
  • バインダ130ページ(カラー)
  • サンプル演習

実習生用テキスト

  • ワークシート
  • バインダ122 ページ

補足メディア

  • デジタルトレーニングプログラム sensor technology 2: 物体検出用センサ
  • テキストブック: 近接スイッチ

Type

 

こちらをご参照ください