スマートセンサ実習機器 TP 1312

スマートセンサ実習機器 TP 1312

スマートマニュファクチャリング
複雑かつ相互接続が進んでいる製造環境では、プロセスにおいて関連性のあるタイムリーな入力を取得することが、効率と生産性を高めるための鍵です。産業分野向けIoT(IIoT)の開発に伴い、センサはよりスマートになり、スマートセンサ技術への依存度が高まっています。これはインダストリー4.0のビルディングブロックです。

IO-Link®やOPC UAなどのオープンな通信プロトコルを使用して、インダストリー4.0製造ネットワークのすべてのレイヤー(機器、PLC、SCADA、MES、ERP、クラウド)を介してスマートセンサが可視化されます。 さまざまな物理変数をリアルタイムで監視し、データを収集して、オペレータ、技術者、エンジニアに送信します。

スマートセンサについて
自動化機器にスマートセンサを統合することで、プラントワーカーはシステムとプロセスの状態に関する有用なライブ情報を得ることができます。予測メンテナンスを実行し、プロセスを改善することができます。

インダストリー4.0(I4.0)における作業者は、この技術を理解してそのメリットを最大限に活用すべきです。

「スマートセンサ実習機器 TP 1312」は、産業用機器とプロジェクト指向の実習を組み合わせて、I4.0のスマートセンサ技術の効率的に体得できます。

スマートセンサの構成
すべてのスマートセンサはIO-Link®に対応しています。 この実習機器にはIO-Link®通信マスターモジュールと必要なケーブルおよび3種のスマートセンサが含まれています。

  • 光電センサ
  • 誘導形近接センサ
  • 超音波センサ

実習を拡張するためのスマートセンサ(オプション)

  • RFID センサ
  • レーザ距離センサ
  • コードリーダセンサ
  • 圧力センサ
  • 流量近接センサ
  • 温度センサ

すべての機器はQuick-Fix®マウントシステムにより、特別な工具を使用せずにセンサやテストピースをすばやく取り付けて位置合わせできます。 機器は、プロファイルプレートまたはオプションのセンサワークステーションに装備できます。

データモニタリング
ソフトウェア PACTwareTM は、スマートセンサをパラメータ化、調整、操作するためのインターフェイスを提供します。 リアルタイムデータを監視することで、実習生は予測メンテナンスとトラブルシューティングを実行できます。 オプションのSmart IO-Linkインターフェイスは、リモート監視と操作のためにBluetoothを介してモバイルデバイス(iOSまたはAndroid)をシームレスに統合します 。

目標技術
TP 1312 では以下の技術を磨くことができます:

  • インダストリー4.0の環境でスマートセンサの利点を理解する
  • センサの選択、パラメーター化、監視、調整
  • IO-Link®通信のセットアップ
  • センサをさまざまな製造通信レイヤーに統合
  • 予測メンテナンスの実行
  • センサの交換と設定の自動アップロード
  • センサのトラブルシューティング

実習コンセプト
包括的なコースウェアは、詳細なプロジェクト指向の実習を通じて実習生をガイドします。 各センサの基礎から始めて、実習生はシンプルな作業環境で実践的な実習を行い、スマートセンサを体得します。

実際の作業環境のように、実習生はPROFINET®、Ethernet / IP™またはModbus®を介してこれらのセンサをPLCに接続することが可能です。

基礎実習の後には、MPS、CP Lab、CP Factory などの複雑なI4.0実習システムにより、さらなる実習の機会が提供されます。これらのシステムに統合されたさまざまなセンサで、実習生は知識を実践し、製造システムにおけるセンサの役割の理解を深めることができます。



ワークブック

  • 課題とサンプルソリューション
  • 教育上の推奨事項
  • マルチメディア-CD-ROM (動画付属)

ワークブックの課題には、上記の実習目標をカバーする理論と機器操作が含まれています。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

Smart Sensors Fundamentals and Optional Sensors: Campus Licence (Order no. 8122694)



Note

  1. センサワークステーション(注文番号 8110723)がトレーニングパッケージと一緒に注文されていない場合は、センサを保持するプロファイルプレートと24 V DC電源が必要です。
  2. ワークブックの課題を完了するには、テストピースのセット(注文番 549830)とスライドユニット(注文番 572740)が必須です。
  3. 課題終了後には、PLC制御実習を推奨します。

 

こちらをご参照ください