CP Lab 400 システム

CP Lab 400 システム

CP Lab 400システムには、あらかじめ定義された4つのシステムが含まれています。

これらは実装されたCP Labシステムの経験に基づいてコンパイルされ、インダストリー4.0の世界を紹介するための典型的な組み合わせを形成します。

アプリケーションモジュールを装備した各システムは、生産工程を模擬しています。 これによりインダストリー4.0のさまざまな分野を明確に図示し、実習することができます。

構成は相互に構築され、最小のシステムからでも有用なプロセスを実現します。

インダストリー 4.0 関連トピック:

  • デジタルプロダクトメモリ
  • RFID、QR、データマトリックス
  • UIDプロダクト識別*
  • サイバーフィジカルシステム
  • 組み込み制御
  • ウェブ技術
  • IP通信
  • オープンインダストリアルスタンダード
  • Webスタンダード
  • システムプランニング
  • システムシミュレーション
  • SIL(Software-in-the-Loop) / HIL(Hardware-in-the-Loop) *
  • エネルギー効率
  • エネルギー監視*
  • エネルギー管理*
  • 作業者へのガイダンス
  • バーチャルリアリティ(VR)*
  • 拡張現実(AR)*
  • エラーコントロール
  • メンテナンス計画*
  • 予知保全*
  • 分散制御技術
  • HMI、タッチパネル
  • より安全なネットワーク*
  • リモートサービスの概念*
  • クラウドアプリケーション*
  • MES(製造実行システム)
  • ERP(統合基幹業務システム) *
  • ウェブストア*
  • データ解析*


*オプション

 CP Lab 4041_k.jpg

CP Lab 404-1

工程:

  • コンポーネントの供給
  • 品質検査I、SPC(統計的プロセス制御)
  • パラメータを利用したフレキシブルな生産
  • フレキシブルな取り扱い、物流

CP Lab 4061_k.jpg

CP Lab 406-1

工程:

  • コンポーネントの供給
  • 品質検査I、SPC(統計的プロセス制御)
  • パラメータを利用したフレキシブルな生産
  • コンポーネント供給、アセンブリ
  • コンポーネント接続、アセンブリ
  • フレキシブルな取り扱い、物流

CP Lab 4081_k.jpg 

CP Lab 408-1

工程:

  • コンポーネントの供給
  • 品質検査I、SPC(統計的プロセス制御)
  • パラメータを利用したフレキシブルな生産
  • コンポーネント供給、アセンブリ
  • コンポーネント接続、アセンブリ
  • プロセス依存のオペレーション
  • QRコード、UID、製品トラッキング
  • フレキシブルな取り扱い、物流

CP Lab 4101_k.jpg
 

CP Lab 410-1

工程:

  • コンポーネントの供給
  • 品質検査I、SPC(統計的プロセス制御)
  • パラメータを利用したフレキシブルな生産
  • 作業者へのガイダンス、PCBアセンブリ
  • 品質検査II
  • コンポーネント供給、アセンブリ
  • コンポーネント接続、アセンブリ
  • プロセス依存のオペレーション
  • QRコード、UID、製品トラッキング
  • フレキシブルな取り扱い、物流

例えば:

識別およびオブジェクト指向データ

明確な製品ラベリング、またはUID(一意の識別)、およびデジタルプロダクトメモリへの製品および生産データの保存は、すべての柔軟な生産システムの基盤を形成します。 CP Lab 400は、RFID、QRコード、データマトリックス、データベースなどの業界標準テクノロジーを使用しています。

次世代HMI – AR、スマートグラス


意思決定に関連した役割、固有のデータと情報の普遍的な可用性は、さまざまな生産において重要な要因です。 CP Lab 400には、最新のヒューマンマシン通信技術と視覚データ処理が統合されています。